Worldapart

EVENT
PE’Z JAZZクリニック秋冬教室開催!
2014/06/01

夏期講習が好評につき、

「侍JAZZキッズ~PE’ZとJAZZで学ぼう、遊ぼう、楽しもう!~秋冬教室〜」開催決定!
B4kodomo_260926ura

日程:10/24(金)~12/26(金)毎週金曜日の計10日間

時間:17:30〜20:00(前半30分はレクリエーション/レッスンは1日2時間)

場所:東京都世田谷区 国立音楽院

募集期間:10/1〜10/20

対象:小学生1年生から6年生までの男女、経験不問 ※付添いの保護者は見学可

参加費:¥55,000(税抜き)※1日でのお申し込みは1日/6500円(税抜き)

定員:50名

詳しくはこちらをご覧ください!

http://www.kma.co.jp/ev/201410-12_jazz/
(
HP作成中。更新が遅れている場合は電話にてお問い合わせください)

※メンバーはスケジュールにより出席できない日もございます。

※1日単位の受講も受け付けております。楽器の経験は不問です。お気軽にお問い合わせください。
電話:国立音楽院0120-987-349

 

ジャズクリニック2014への想い
2014/06/29


ここ最近の音楽シーンは本当に元気がないですね。
CDが売れない。そりゃそうですよね。
ネットで幾らでも手に入るし、最近のPCにはCDも入らないものもある。
家電ショップに行ってもCDデッキすら売っていない。
だけど我々はCDを売ろうと日々頑張っている。
それは矛盾としか言いようがないのかもしれません。
そんななかで、好きなアーティストに還元しようと
CDを購入してくださっているファンの皆さんには、本当に感謝してます。
改めてまして、ありがとうございます。

今日お話したいのは今夏PE’Zが行う小学生向けのジャズクリニックについてです。

これは実は、ある日たった一人から送られてきたメールがきっかけでした。
それは弊社と三軒茶屋の商店街の皆さんが協力して昨年末に開いた音楽イベント
「まち道楽」に来てくれた小学生の女の子からでした。
その内容は「今日はPE’Zやいろいろな人達の音楽を聴けてとても楽しかったです。
私もピアノを習っていますが、本当はあまり好きではありません。
どうしてかというと、いつも練習しているのが今日聴いたような楽しい曲じゃないからです。
どうしたら、練習が好きになれますか?」というものでした。私はこのメールの事をPE’Zのメンバーに伝えました。メンバーの反応はというと、
「それだったら、楽器を演奏する楽しさを味わってもらえる場所を作ろう」
「やりたい」「やりたかった」「小学生は大事な時期だし」というものでした。
彼らも幼少の頃に楽器を始めていたので、この女の子の気持ちが
よく理解できたのかもしれません。

これを受けて、私はご協力頂けるところはないかと探しました。
そして見つかったのが国立音楽院です。
パッと聞いた感じで、専門学校だと思われる方がいるかもしれませんが、
実は学校法人ではありません。音楽塾というか音楽教室の大きくなったようなところですが、
高校生の卒業資格もとれるという、私もこういう学校があるのはそれまで知りませんでした。

理事長の新納重臣氏にお会いして想いを伝えたところ、
2、3秒でオーケーをいただきました。
とてもシンプルですね。

この学校はミュージシャンやプレーヤーを育成するだけではなく、
一番力を入れているのが音楽療法で、リトミックという言葉を生み出したのも
この学校だったそうです。
「音楽で人の役に立ちたい」という想いで合致したのでした。

この事をPE’Zのメンバーに伝えたところ、また即決で「すぐお礼がしたい!」という事になり、
たまたまその話をした4、5日後に新入生を迎える入学式だったので、シークレットで
飛び入りし生演奏をしました。
なにぶん、まだ決まったばかりの話なので、カリキュラム作りなどはこれからですが、
国立音楽院の素晴らしいスタッフの皆さんと出会えた事で期待以上のものが
出来ると確信しています。今回は初回という事もあり、人数に限りがありますが、
もし小学生のお子さんがいて将来音楽で身を立てさせたいという思いがある方は
ご参加されてはいかがでしょうか。
これで将来の素晴らしい音楽家が生まれたら、
音楽で人を救いたいという想いを持つ大人が育ってくれたら、すごく素敵だなと思っています。
CDを販売する事よりも夢があってさらに人の為にもなるという企画に携わることができるというのは
本当に嬉しいことです。 

皆さんにお伝えしたいのは、純粋に次世代を背負う子供達に音楽を好きになってほしいという
私たちと国立音楽院の想いが重なったからこそこの企画が実現したのだという事と、
たった一人のファンの一言でここまで企画が発展することもあるということです。

弊社のアーテイストは、日々人のためにという思いで音楽を作っています。
ですから、売れ筋に媚びたり、プロモーションになる動きは苦手です。
もし同じ想いをお持ちでしたらご意見や企画を聞かせて下さい。
ただし、自分の為じゃなく、人の為になる企画をお願いします。
ドンドン募集します。
お待ちしています。

ワールドアパート有限会社 代表取締役 浅野勇一

侍JAZZクリニック夏期講習のご報告(レポート)
2014/07/10

スクリーンショット 2014-07-18 4.58.52

今夏8月4日〜22日全10日間に渡り、小学生を対象に行われたPE’Zと国立音楽院による
「侍JAZZクリニック」は、予想以上にご好評を頂きました。ご参加頂いた皆様、そして
この企画を応援してくださった全国の皆様に深く感謝いたします。

簡単ではございますが、この場を借りて、スタッフNが
その時の様子をご報告させて頂きます。

8月4日(月) 初日

10:00〜開会式

保護者の方がほぼ一緒にいらして、地下のライブスペースに集合。
小学生20名と保護者、そして国立音楽院の先生とスタッフが
見守るなか、ステージにPE’Zが登場。
1 Akatsuki
2 ティンカーベル
3 Viva! A So Bole!
の3曲を披露。
2曲目と3曲目の間では、メンバーがそれぞれの楽器について説明。
ドラムの航が「これはシンバルと言いましてね。。気持ちが
高ぶったときに、こう、バ〜ン!って叩くんですよ!」と言うと、
子ども達が笑い出しました。また「ピアノのヒイズミマサユ機です!
ヒイ先生と呼んでください!」こんな具合で全員がPE’Z節で自己紹介を
兼ねて楽器について語り、子ども達が楽しんで聞いている微笑ましい
場面でありました。

写真 5 のコピー

11:00〜楽器パート選び&授業説明

部屋を移動して、楽器選び。クロサワ楽器さんのご協力で、新品の
トランペットやサックスが並び、子ども達の目も輝いていました。
ドラムもピアノもベースも用意され、自由に好きなだけ弾いてもらい
ました。あらかじめ希望楽器は聞いていましたが、実際に楽器に触れて
もらって決めようということで。直前までベース希望者が1人もいない
という状況でしたが、ここでニレ君ががんばってベースの魅力を
プレゼンし、やっと1人の希望者が決まりました。笑。

その後は、課題曲を聞いてもらって、この10日間の簡単な流れを
説明。ゴールはみんなで最終日に課題曲「Viva! A So Bole!」を
演奏すること!!!!

12:00〜昼休み

昼休みは、おのおの自由時間。
みんなロビーでごはんタイム。

13:00〜各パート練習

ここから、各楽器ごとに部屋が分かれ、練習に移りました。
地下ではドラム、1階ではベース、サックス、ピアノ、4階では
トランペットと各々別れて指導。

15:00終了〜ミーティング

子ども達が帰った後は会議室で、ミーティング。国立音楽院の先生方とスタッフ
そしてPE’Zが、これからの進め方について、話し合い。1時間程して解散。
初日という事で、バタバタはしましたが、無事に終える事ができてひと安心。。

8月5日(火) 2日目

ここからは、通常フォーマット。朝はレクリエーションルームに全員集合して、
国立音楽院の先生による「リトミック」。PE’Zのメンバーも見たい人は参加。

10:00〜11:00 リトミック
写真 2 のコピー

航、ニレ、カドタが参加。紙を渡されて、音楽に合わせて
左手は三角を書き、右手は棒を上下に行ったり来たり。
要するに3拍子と2拍子を両手でやる。なかなか面白い。
メンバーも「できね〜!」なんて笑いながらやってました。

11:00〜(お昼)〜14:40 パート練習

この日からは、リトミックを終えてから、ずっと各パート
ごとに別れて、楽器練習。
まだ堅い空気がありつつも、メンバーと子ども達はちょっと
ずつ距離を縮めていきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
※ドラム部屋ー生徒は男の子3人。地下の広い部屋に3つの
ドラムセットが並ぶ。航がこんなラフな格好で歩き回り、指導。
指導してるんだか、してないんだか…笑。とにかく初日から
笑いが絶えないドラムチーム。

課題曲である「Viva!A So Bole!」は小学生が吹きやすいように
KEYを下げて、テンポもゆっくりにして録音したものを、
みんなに配りました。

この日から、早い子はメロディーがなんとなく吹けてたり。。
子ども達の驚異的な飲み込みの早さに驚きました。

14:40〜終わりの会

1日の最後は、レクリエーションルームにみんな集まってきて、「終わりの会」
をやることにしました。そこで、連絡事項等を伝えたり、先生から「お題」が与えられ、
小さな紙に子ども達がメッセージを書いていたりしました。
初日はたしか、「夢は何ですか?」というお題だった気がします…。

15:00〜終了 ミーティング

子ども達が帰ると、先生とメンバーのミーティング。各パートの進行状況を
報告し、問題点、改善点を話し合いました。そこでメンバー達の目の色が
変わっているのがわかりました。子ども達の真剣さ、貪欲さやがんばりが
伝わったのだと思います。これは思った以上に、綿密に真剣にやらないと
いけないぞ!と思ったのだと思います。

8月6日(水) 3日目

10:00〜11:00 リトミック
11:00〜(お昼)〜14:40 パート練習


OLYMPUS DIGITAL CAMERA
※サックスチームは2人。

写真の子は初心者でしたが、毎日毎日少しずつ吹けてきて、
この時は「顔で吹く練習!」とふざけてトライしていました。
このチームだけ、カドタ先生の意向で、初心者用の教科書を
用いて練習。国立の先生も一人いて、マンツーマンで
レッスンしていました。

写真 2 のコピー 2

※ピアノチームは大部屋。
ピアノがたくさんある教室に。
ひい先生がユニークな指導法で子ども達が
熱心に聞いていました。
お母様方も後方で見学。

 

14:40〜終わりの会

それぞれのチームがバラバラにレクリエーションルームに集まってくるので、
早く着いたチームはボールでひっちゃかめっちゃか遊びます。笑。
指導員のおねえさんが「はーい!みんな聞いてね〜」と言っても
なかなか声が通らない程。。。こどもたちは元気です。

15:00〜終了 ミーティング


先生方とメンバーのミーティングは、だんだん長くなって行きました。
いろいろな修正、提案が出され、カリキュラムを考える時間が増えて行きました。
PE’Zのメンバーはミーティングが終わった後に、5人だけで色々相談していました。
写真 5※いつになく真剣な5人。

8月7日(水) 4日目

 

10:00〜11:00 リトミック

今日も1日の始まりはリトミック。みんなで輪になって
ピアノに合わせてダンシング!
写真 5 のコピー 2

11:00〜(お昼)〜14:40 パート練習&入れ替わり
4日目は、希望する子には、違う楽器の部屋に遊びに行って、
違う楽器に触って遊ぶことをしてみました。
子ども同士の交流もできて、また、違う楽器も触って、楽しそうでした。
2014-08-19 11.44.54※ベースは1人。
初日の楽器選びのときに、唯一ベースを選んだ子が
なんとこちらの小学1年生の女の子。

もともと小さなエレキベースを持っていて、弾けていたのですが,今回は本人がどうしても
ウッドベースが弾きたいというので、こんな形になって練習をしていました。

さてさて、問題はトランペットチーム。笑。
写真 1 のコピー 2

スーパー元気な子ども達が大勢います。笑。床にマットが
敷かれていて、寝転んだり、座り込んだり、自由。
とにかくやんちゃなチームです。

IMG_8829
ちゃんと練習しているのか?
心配になります。笑。
でも国立の先生も2人入り、
このやんちゃチームをまとめてくれていました。なによりオオヤマ親分が
ドンとかまえて指導していました。
(一緒にふざけていただけだったかも。笑)

14:40〜終わりの会

15:00〜終了 ミーティング

徐々に、子ども達の学ぶ速度が分かってきたので,軌道修正。
思ったより速度が速いので、カリキュラムを微調整。
写真 2
写真 3

 

8月8日(水) 5日目

 

10:00〜11:00 リトミック
11:00〜(お昼)〜14:40 パート練習
今日は前半の最終日。午後には全体練習をしようということで、
ドラムの部屋に全員集合して、課題曲を全員で演奏してみる事に…。

5日しか経っていないのに、テンポこそゆっくりでしたが、
曲が形になっていて、メンバーや先生、スタッフも皆びっくり!

と、ともに最終日の発表会が楽しみとなりました。
前半戦が終了し、子ども達は1週間のお休み。

各パートそれぞれに課題を与え、
希望者には、学校に来て練習していいことにしました。

8月18日(月) 6日目

10:00〜11:00 リトミック
久々に集まったキッズ達は、全員元気いっぱい。

写真 1 のコピー 3

メンバーも自由参加のリトミック。
航とニレはなぜか毎日嬉しそうに
リトミックの授業を眺めていました。

 

11:00〜(お昼)〜パート練習

お休みの間、忘れている子もいるので、
それぞれのパートで確認の練習。
子ども達と向き合う事の責任感からか、メンバーの

真剣さは日に日に増して行きました。

この日はヒイズミ先生が午後から来ました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

8月19日(火) 7日目

 

10:00〜11:00 リトミック

11:00〜13:00個人練習

この日はドラムの航先生がお休み。
カドタ先生が午後から。

13:00〜15:00 合同練習

午後からは、ドラムの部屋に集まって
みんなで合同練習をしました。

前回の時よりテンポが上がって,さらに良い演奏ができていました。

IMG_8932 のコピー
同じ曲をずっとやっているので、少し飽きてきている子どもたちもいたので、
次の日は何かしよう!ということで、ミーティングでディスカッションを
しました。

8月20日(水) 8日目

10:00〜11:00 リトミック

12:00〜13:00バーベキュー
前日の「飽きてきた」感を少し察し、ちょっとしたイベントをしてみました。
みんな全体で何かをする!ということが、楽器演奏以外になかったので、
お昼に急遽バーベキューをすることに。子ども達は焼く係、
盛りつける係、と自然とやっていくんですね。お昼を少し長めに取り、
メンバーも一緒に食べて楽しい時間でした。
IMG_0523

14:00〜各パートごと練習

最終日が近づいてきたので、
それぞれのパートで練習を詰めていきました。

楽器が演奏できることも大切ですが,
楽器を演奏しながら楽しむことも
学んでほしい。

みんなで、「フ〜!!!」と
叫ぶ練習も重視してみました。

 

トランペットチームは振り付けも考えていました。

8月21日(木) 9日目

10:00〜11:00 リトミック
最終日前日ですので、ちょっと緊張感が漂うか?と思いきや,
子ども達は何にも変わらず、いつも通りふざけて暴れて、楽しんでいました。

12:00お昼〜13:00最終リハーサル

ドラムの部屋に集まって、発表会の最終打ち合わせをしました。
演奏はばっちりで、声もみんな出ていました。
IMG_8816 のコピー
ピアノチームとドラムチームの人数と楽器の数の
都合上、演奏は2回やることに。

ベースの女の子は、実は手にマメがたくさんありました。
けれど一人しかいません。
2回の演奏は大変です。
何回もリハーサルがありましたが、
メインで弦を弾く右手の人差し指は明日の本番の為に
とっておく!と言って、この日は薬指と中指を使って
練習をしていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

メンバー、国立音楽院の先生方の
最終指導にも熱が入ります!

 

 

8月22日(金) 10日目

いよいよ迎えた最終日!!

 

子ども達は思い思いに衣装を着てきました。
これもこのJAZZクリニックならではの自由度。

10:00〜最終確認
11:00〜ステージでのリハーサル

発表会の段取りを子ども達を含めて、
ステージを使ってリハーサル。

12:00〜見学者集合

この日だけは、身内の方も含め見学していいことにし、
孫の姿を見ようとおじいちゃんおばあちゃんも
いらしてました。もちろん、お父さんお母さんも!
どこか子ども以上に緊張感があったような…

そして、始まった発表会!!!

13:00〜発表会開始

司会のお姉さん(ずっと全体を見回ってくれていた方)が開会の説明をしている
ところで、すでにお姉さん、感極まって涙が…するとつられたのか、見守るお母様方
の目にも涙が…。まだ何も始まっていないのに、どうしてでしょう。。この10日間の
楽しさ、充実さ、仲の良さがあったからかもしれません。

snapshot-011 のコピー

 

ついに始まった子ども達の演奏!

snapshot-007 のコピーとにかく、楽しそう!

となりで見守るPE’Zのメンバーも
どこか誇らしげ。

それよりも子ども達が一番誇らしげに映りました。

snapshot-009 のコピー演奏の最後には、トランペットチームが
ひざをついて、楽器を上に向けるパフォーマンス。

ピアノチームは、あらかじめ決めてあったパート
ごとに素早くメンバーを入れ替え。

ヒイ先生も一緒にサポート。

2回の演奏を終え,今度は最後にPE’Zのメンバー、そして
国立音楽院の先生方も加わって、全員で演奏!

 

会場は拍手喝采!

snapshot-020 のコピー

 

 

そして、卒業証書?のようなもの
をメンバーから生徒に授与。

 

snapshot-031 のコピー全員に、それぞれの先生から手渡し。

みんなよく頑張りました!

 

全員に渡し終えたあと,メンバーから一言。

このJAZZクリニックを振り返って、
メンバーがそれぞれ思うことを真剣に
話していました。

ひととおり話し終えて,
閉会式に向かおうとした時、、、

サプライズで、生徒たちが壇上に上がってきました。。。

なにやら、メンバー一人一人に、各パートごとに手紙を書いて来たようで、
マイクを握って,子ども達がメンバーへの気持ちを綴った手紙を読み始めると、
こどもの一人がピアノに向かって、PE’Zの曲をしっとり弾き始めました。

これには、普段、強面と言われたPE’Zのメンバーも、
熱くこみ上げてくるものをこらえるのがせいいいっぱい。

snapshot-040 のコピー

突然のサプライズ。

snapshot-046 のコピー

 

終わりたくない。

家に帰りたくない。

そんなような声が

聴こえてきた気がしました。

こうして、幕を閉じたJAZZクリニック。

次世代の子ども達の為に、楽器を演奏する喜びを知ってもらいたい。
という思いで始めたのですが、実際に子ども達に触れ、10日間を
過ごしてみると、予想もしなかったことが加わって、
得た物は計りし得ないほど多かったと思います。
大人たちの思惑と、子ども達の気持ちは必ずしも一致するとは限りません。

このJAZZクリニックは、参加した子ども達の笑顔が、
すべての結果だったのかと思います。

snapshot-049 のコピー
初日の自己紹介では声も出なかった子が、最終日には積極的に
メンバーに話しかけていました。
習い事や学校で教わるピアノが面白くないと言っていた子も
こんなに楽しいんだ!毎晩、家でお母さんに話していたそうです。

たくましく、わんぱくで、ほんものの大人になってほしい。
そう願っていた10日間。
未来が少し明るくなったのかもしれません。
group_photo-002 のコピー

 

2013.7.5(金)「BLUES KITCHEN!~vol.1~」
2014/08/02

0705BLUES_KITCHENフライヤー
~ブルースで踊ろう~

会場:三軒茶屋Grapefruit Moon
出演:【Live】MONSTER大陸/Bim Bam Boom/and more…
    【DJ】ワダマコト/NEMO/and more…
時間:OPEN18:00 / START19:00
金額:前売¥2,800 / 当日¥3,200
先行発売:5月10日~5月17日
(先行発売特典:かわいいレコード型デザインチケットと当日会場で引き換え)
一般発売:5月22日~

 
WA STORE
WORLD APARTオフィシャルストア

Twitter
World Apart Twitter

WORLD APART オフィシャル・ツイッター

WORLD ABOUT
WORLD ABOUT

Nemotroubolter Vo.NEMOとPE’Z Dr.航が司会を務める、USTREAM & ニコニコ動画・同時2時間生放送番組「WORLD ABOUT MOVEMENT」

WORLD ABOUT Twitter
WORLD ABOUT Twitter

「WORLDABOUT MOVEMENT」オフィシャル・ツイッター

Live House
Shimokitazawa GARDEN

Cafe
Mondo a Parte

LABEL
apart. RECORDS