H ZETT M

H ZETT M

H ZETT M (エイチ・ゼット・エム)
127_4NS9751_nishioka <English follows after Japanese>
ピアニスト/エンターテイナー/音楽家
超絶技巧に加え、”無重力奏法”と形容される超人的パフォーマンスは実験音楽と高度な芸術性が融合している。”PE’Z”のヒイズミマサユ機、またもや椎名林檎が率いた”東京事変”第一期の鍵盤だった「H是都M」なのではないかという憶測が飛び交うも、本人はぼんやりと否定。2010年に突如行った台湾でのゲリラ・ストリートライブでは2000人以上の観客が集まり、台湾で青鼻ブームを巻き起こす。この時代だからこそ生身の人間の可能性を追求し、ただひたすらに音楽を奏でるというテーマのもと、グランドピアノ1台と彼の体だけでの全26曲レコーディングを収録したアルバム『未来の音楽』、『魔法使いのおんがく』2012年と2013年に立て続けに発表。これらの作品を機に始まったピアノ1台だけでの”独演会スタイルライブ”はユーモアセンスのある基本的な性格も表れ、音楽とともに彼の一挙手一投足にまで満員の観客を釘付けにすることからも各方面から好評を得ている。2017年に同シリーズの最新アルバム『共鳴する音楽』を発表した。

Pianist / Entertainer / Musician; speculation is rife over H ZETT M (piano/blue nose); he might be Masayuki Hiizumi (ex. PE’Z), and also HZM (keyboards/piano) of original member of “Tokyo Incidents”, a band led by Ringo Sheena (singer/songwriter). Though his answer is always in a blur.
A paranormal performance by superhuman techniques & “zero-gravity playing” style makes experimental composition & art of music unite. In 2010, his guerilla street-live in Taiwan brought audience of 2000 and sparked “blue-nose” boom.  During 2012 – 2013 in quest to possibilities of flesh and blood, he moved in action of 26 songs recording with concentrating all his attention on concert grand piano only by him. By this act, “Music of the Future” album was produced. With following album “The Music by Wizard”, he stepped into new capabilities.
Through with releasing these albums, his one-man recital “Dokuen-Kai” style set off only using a concert grand. During this over two-hour show, a full audience closely watches every play, word and deed of his humorous performance. Now, it turns into attracting favorable comment widely.
In 2017, he released the new album”Resonant Music,” same series of “Music of the Future” and “The Music by Wizard.”

H ZETTRIO (エイチ・ゼットリオ)2018_TRIO_MAIN_light
<English follows after Japanese>
H ZETT M(piano/青鼻)、H ZETT NIRE(bass/赤鼻)、H ZETT KOU(dr/銀鼻)

2014年、スイスで開催されている世界3大ジャズ・フェスティバル「モントルー・ジャズ・フェスティバル」への出演をキッカケに、国内外の大型フェスに多数出演。ピアニストのH ZETT M(pf/青鼻)は、2015年に解散した”PE’Z”のヒイズミマサユ機、またもや椎名林檎が率いた“東京事変”第一期の鍵盤だった「H是都M」なのではないかという憶測が飛び交うも、本人はぼんやりと否定。
ユニーク且つ“無重力奏法”と形容されるテクニカルなピアノと、H ZETT NIRE(bass/赤鼻)、H ZETT KOU(dr/銀鼻)が支えるキレのあるリズムセクションを武器に、独自のアンサンブルを響かせる。この3人以外には作り出せない音楽とグルーヴを追求し続けている。
これまでに3枚のアルバムを発表しているほか、2017年4月からは全国34公演ツアーと並行して6ヶ月連続で新曲を配信リリースし、11/8(水)には初のコンセプトアルバム『H ZETTRIOのChristmas Songs』のリリースをした。

H ZETT M’s unique & technical style called “zero-gravity playing” resonates with a keen sense of originality and produces ensemble with sharp-rhythm sections by H ZETT NIRE (double bass/red nose) & H ZETT KOU (drums/silver nose).
After astonishing stage performance at “Montreux Jazz Festival 2014” in Switzerland, one of the world’s top 3 jazz festivals, this piano trio has acted at a large number of big festivals in Japan and overseas. All 16 released singles so far hit first place in Jazz chart of iTunes. Much-awaited 3rdAlbum ”PIANO CRAZE” will be released on Sep 7, 2016 since they introduced 2nd one in November 2015. These 3 guys remain loyal to outstanding music & groove anyone else can’t make.
Speculation is rife over H ZETT M (piano/blue nose); he might be Masayuki Hiizumi (ex. PE’Z), and also HZM (keyboards/piano) of original member of “Tokyo Incidents”, a band led by Ringo Sheena (singer/songwriter). Though his answer is always in a blur.

 
BRICK & GLORY
子どものための音楽番組「CLUB BRICK&GLORY」

シリーズ番組を配信中!

Z界
とにかくHAPPYなクラブ Z界

Twitter

H ZETT M OFFICIAL TWITTER

HAPPY SATURDAY NIGHT

HZM_happy saturday night_banner-01HAPPY SATURDAY NIGHT
ヒイズミマサユ機のレギュラーラジオ番組!!
『 H ZETT M ~HAPPY SATURDAY NIGHT~ 』
FM NORTH WAVE/cross fm 同日同時刻放送!!
毎週土曜日23:00~24:00

app

3rdアルバム『PIANO CRAZE』がMUSICアプリで登場!
“EXCITING FIGHT版”の全13曲と他では見られないアザーカット写真も入り、スマホでアルバムを触って楽しめるという新しい体験を!2ndアルバム『Beautiful FLight』と1stアルバム『★★★(三ツ星)』もアプリでお楽しみください。

 

H ZETT M STORE
@WA STORE

H ZETT M オフィシャルストア

facebook

H ZETT M OFFICIAL facebook