suzumoku

Album
Ni
2011.7.6
Tracks

01.ガタゴト
02.ホープ
03.ユーカリ
04.ライトゲージ
05.セスナの空
06.ラムネノーツ(NEW)
07.夕焼け特急(NEW)
08.幻灯機(NEW)
09.衣替え(NEW)
10.適当に透明な世界
11.ジオラマ(NEW)
12.如月

 

※25cm×25cmレコジャケ風仕様

 

APPR-2504/5
¥2,381(tax out)
(「ラムネノーツ」「幻灯機」「ジオラマ」ミュージックビデオ収録 DVD付)

今年1月に4作目となるアルバム『ベランダの煙草』を発表したsuzumoku(スズモク)が、わずか6か月間でアルバムをリリース。 新作を制作するにあたってsuzumokuは、事前には何も決めず沖縄のスタジオに泊まり込み、その場で思いつくままに作曲しレコーディングをするというスタイルをとった。自由と自然をテーマの作品をなんとなく作りたくなって衝動的に作った作品だ。 「なんとなく作りたくなって」というところがいかにも彼らしい言い方だが、仙台で大震災に遭ったかと思えば、誰よりも早く被災地を応援する曲を発表して話題を集め、震災の影響でキャンセルになってしまった全国ツアーは、北海道から再開すると震災前以上の動員と盛り上がりを見せるなど、人間として日々成長していく彼の一種の照れからくる表現なのではないだろうか。 その証拠に今作品では、トレードマークでもあった、今まで頑として貫いてきたアコースティックギターでの演奏スタイルを一転、エレキギターに持ち替えてループマシーンを使用したり新たな世界に挑戦している。「なんとなく」で出来てしまう内容かどうかは聴く人それぞれの判断にゆだねたいが、新曲(5曲)+過去曲(7曲)を再アレンジ録音という構成になっているので、今までの作品と聴きくらべてみるのもおもしろいだろう。アルバム全体としては、一日の始まりから終わりまでの物語に沿った楽曲によるコンセプト・ アルバムに仕上がっており、一曲ずつでももちろん楽しめるが、一枚を通して聴くとこのアルバムの世界にひたることができるようになっている。 ここ最近、バンドスタイルでロックな部分を見せたかと思えば、今度はアコギを置きエレキを持って新たな事にチャレンジするといういい意味で予想を次々と裏切ってファンを喜ばせてくれる。 タイトルの「Ni」(ニッケル)とは、ニッケル弦(巻き線にニッケルを使用した弦) 銀色の弦で主にエレキギターに使用される事を指す。

 
 
 
COLUMN

OFFICIAL COLUMN

Twitter

suzumoku Official Twitter

szmokers
suzumoku official fanclub 『szmokers』

suzumoku オフィシャルモバイルファンクラブ
ファンクラブサイトは2017年5月31日を持ちまして閉鎖いたします。
※携帯・スマートフォンのみアクセス可能

suzumoku STORE
@WA STORE

suzumoku オフィシャルストア

Uta-Net
Link

suzumokuの歌詞を一挙公開